パッケージはdevRT起動後、メニューの「ヘルプ -> Eclipseマーケットプレース」からインストールできます。

名前説明ライセンス
devRT base system devRTのベースシステムです。マネージドビルドシステムとOSGiパッケージ化されたGCCツール群をインストールします。 Proprietary
RT System Editor RT System Editor は、このOpenRTM-aistに含まれる開発ツールの1つであり、RTCをリアルタイムにグラフィカル操作する機能を持っています。 EPL
RTC Builder RTCBuilderは、OpenRTM-aist に含まれる開発ツールの1つであり、RTCのプロファイル情報から、RTCのソースコードのひな型を生成することができます。C++、Python、Javaなどのプログラム言語に対応しています。 EPL
OpenRTM-aist OpenRTM-aist はロボットシステムをコンポーネント指向開発するためのソフトウエアプラットフォームです。OpenRTM-aist では、ロボットシステムを作る際に、機能要素ごとにプログラムを作成し、RTコンポーネントをつなぎ合わせることでシステムを構築します。RTコンポーネントは、C++, Python, Java 言語で開発することができます。 LGPL
OpenCV OpenCV (Open Source Computer Vision Library) is an open source computer vision and machine learning software library. BSD
RTC-CANopen NEDO知能化PJにおいて芝浦工業大学水川研究室が開発したRTC-CANopen用のeclipseプラグインです。本プラグインは、RTC-CANopen Builder及びRTC-CANopen System Editorの2つが含まれています。 Original
OpenHRP3 OpenHRP3 (Open-architecture Human-centered Robotics Platform version 3)は ロボットのソフトウェア開発・シミュレーションのための 統合ソフトウェアプラットフォームです. OpenHRP3を用いることで、ユーザは独自のロボットモデルと制御プログラムを動力学 シミュレーションで検証することが可能となります。また、OpenHRP3はロボットのソ フトウェア開発に活用可能な各種のソフトウェアコンポーネントと計算ライブラリも提供します。 EPL
Joystick View OpenHRPに付属しているジョイスティックビューコンポーネントです。Eclipse上からジョイスティック状の操作を可能にするRTコンポーネントです。 EPL
Floor 床モデル(OpenHRPサンプルより) EPL
PA10 PA10ロボットモデル(OpenHRPサンプルより) EPL
SimpleVehicle 3輪車モデル(OpenHRPサンプルより) EPL
SimpleVehicleWorld 3輪車ロボットのレンジセンサを使った制御について学ぶことができるワールドデータ(OpenHRPサンプルより) EPL
Eigen Eigen is a C++ template library for linear algebra: matrices, vectors, numerical solvers, and related algorithms. MPL2
Boost C++ Libraries Boost provides free peer-reviewed portable C++ source libraries. Boost Software License